« 日本産ワインへの私の考え | トップページ | フランスでの最後の確認 本来の味わいを持ったフレンチワインの素晴らしさ »

それにしても異常な日本のワインの行き着くところ

ある和食の店で、「これはとてもおいしいと思う」という15000円もする白ワインを出されたことがありました。香りも味もあまりにも弱くあるかないかといったところでしょう。日本酒の大吟醸にならって一生懸命フィルターにかけて味わいを抜いて何もない繊細さを求めたのでしょう。

あるいはヌーヴォーということでロゼというより薄いピンク色のものを頂いたことがあります。まるでただの水のような透明感です。これも、フィルターにかけて他にない透明な味を目指したのでしょう。そして亜硫酸塩がたっぷり入っていました。とても飲めませんでした。

 

正にこれは日本人の国民性、精神的風土によって捻じ曲げられた日本にしか存在しない日本人にしか分かり得ないワインなのです。



>>>続く

« 日本産ワインへの私の考え | トップページ | フランスでの最後の確認 本来の味わいを持ったフレンチワインの素晴らしさ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508770/50818965

この記事へのトラックバック一覧です: それにしても異常な日本のワインの行き着くところ:

« 日本産ワインへの私の考え | トップページ | フランスでの最後の確認 本来の味わいを持ったフレンチワインの素晴らしさ »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ