« 大手輸入業者のあまりにも無責任な大量輸入と大量販売 | トップページ | 私の意見を外に向かって述べ始める »

この頃から私のワインの選び方を変えた

酒屋かワイン専門店に行って、どんなワインを買おうが殆どレンガ醤油色ですから、高いワインを買ったって何にもなりません。高いお金を出して、気持ちの悪いものを飲んで気持ち悪いことこの上ない次の朝を迎えるだけですから。高くておいしくないワインを飲んだ後に残るのは「私は高いワインを飲んだ。しかも私はそのワインにかなりを知識をもっている、なかなか大したもんだ」という虚ろな自己満足だけです。

腐った程度の軽めの確率が最も高いのは、1000円~1200円のワイン。要するに日本に着いてから出来るだけ時間の経っていないほうが腐敗の程度が低いものにめぐり逢う確率が高いのです。そのあたりの価格のワインしか買わなくなりました。セブンイレブンなどの1000円位のワインは、3本に1本の割合で本当に何とか飲めるものがありました。

高い銘柄ワインは回転が悪いので、ひどい程度まで腐っているものが殆どです。そして味の分からない日本人でも気づくくらいに腐り始めるとデパートなどであわてて売りに出す。そしてワインアカデミーの先生までもがそれを喜んで買い、喜んで飲むわけです。


>>>続く

« 大手輸入業者のあまりにも無責任な大量輸入と大量販売 | トップページ | 私の意見を外に向かって述べ始める »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508770/50191857

この記事へのトラックバック一覧です: この頃から私のワインの選び方を変えた:

« 大手輸入業者のあまりにも無責任な大量輸入と大量販売 | トップページ | 私の意見を外に向かって述べ始める »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ